So-net無料ブログ作成
検索選択

会員ブログへのリンクです(下記クリックお願いします)!
「アラフォー・フリーターの脱・競争人生」、「ばたおのサイレント・テロリズム」、「ちゃりきゃんぱーの人力ブログ」 、「二拠点居住で生きる~ある83年生まれの暮らし方実践~」、「土と暮らし研究会」、「ばたおのツイートまとめ」、「ヘタレな私・ばたおが、ぼちぼち生きていくブログ」

コメントいただければ、かならずお返事いたします(^^)
ネット環境のない場所を放浪していたりで、お返事に2~3日かかることもあります<(_ _)>

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ

ブログ読者と歓談しました(^^)@河内長野 [オフ会]

三巨頭会談
↑本日の歓談の様子(イメージ)

今日(4/26)、ブログ読者Aさん(30代半ば)が、シェアハウス大阪府河内長野市)を訪ねてくれました(^_^)

Aさんは、半農半活動に関心があり、わたし(だめお)とばたおさん(以下「わたしたち」)から直接話を聞いてみたいとのことで、遠路はるばるやって来てくれた次第

Aさんも、わたしたちと同じく正社員に嫌気が差し楽な生き方を求めているとのこと
では、今後具体的にどのように生きていくのか。
三人で語り合いました。

生活水準については、すでにAさんは年収100万円生活でも十分対応できることが判明
なので、話題はすぐさま、仕事に移りました。
①勤務日数:最低賃金なら週3日でほぼ年収100万円
②職種:気楽さを追求するならやりきり仕事(例:労務管理の比較的緩い中小の工場)、シフトの緩さなら慢性人手不足のホテル清掃
③社会保険等:週3労働だと厚生年金・健康保険はないが、長生きリスクを考慮する必要がなければ無視してよい。雇用保険は加入しなければ違法だが、失業時の手当も微々たる額なので、職場環境(労働強度、休みやすさ、通勤コスト等)を総合的に勘案する必要がある。
④高齢者になった時のリスク:親を看取るぐらい(60歳前後)まで働ければよいのなら、さほど考慮する必要なし
⑤転職:正社員志望なら職を点々とするのは履歴書上よろしくないが、パートでよいならさほど気にする必要がないので、働きにくい職場は早めに見切りをつければよい。もし、親所有住居に同居しているなら、即座に生活に困ることはないので、じっくり気に入った職場を見つけるのが長続きするコツ

次に住居
親所有の戸建てを相続できるなら、そこを住み倒せばよい。
親が分譲マンション暮らしなら、経年劣化による住環境悪化、管理費・修繕積立金の負担、処分・立替等の難しさがあるので、高級かつ築浅でないとメリットが少ない。
親が賃貸、もしくは賃貸に本人独居なら、セーフティーネットとして固定資産税のかからない土地を購入しておき、最悪テント暮らしできるようにした方がよい(土地購入時の諸注意・具体例等についても補足)

これらの仕事・住居を安定させつつ、ぼちぼち家庭菜園を始めるのがベターとアドバイス

活動に関しては
経験がほとんどないのであれば、まずは知ることから始めるのが重要
手前味噌ですが、わたしたちも会員であるアジェンダプロジェクト発行の季刊『アジェンダ』を紹介
関連記事:アジェンダ第48号(2015年春号)
また、活動に関しては、社会問題の解決という側面に加えて、今後強まるであろう低収入低支出生活への攻撃に対処するという意味についても議論(例:明治時代の地租改正等による自給自足経済の実質否定、イギリスの救貧法等働かざるものへの施策、現行日本の労働法制改悪状況等)


あとは、日本社会での生きづらさについて語り合いました。
わたしがアラフォー、ばたおさんがアラサー、Aさんがその中間ということで、世代は少しずつズレながらも、共通点も多々見受けられて実りのある歓談でした。

遠方からわざわざおいでくださったAさん、ありがとうございました<(_ _*)>

関連記事
【ばたおとだめお】第11回 パート事情から考える労働問題と生き方


コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。